ヨギー(ニートと社会人の狭間)の日々(2017年7月4日現在)

週三で警備バイトをしながらのほほんと生きているヨギーの雑記

ベジ生活三十一日目 鳩も人も多すぎるのはよくない

昨日、大学の食堂の外席でうどんをすすっていたときのこと。周りの席には誰もおらず静かに昼飯を食っていましたとさ。そこに、二羽の鳩が飛んできて自分の座っている席の左斜め前2mあたりをうろうろし始めまして。二羽とも、互いに目を合わせることはなくとも互いを意識し合ってだんだん間合いをつめていって。それを眺めながらうどんをすする我。そのうち、一方がもう一方を突っついて、多分猿でいうところの毛繕いを始めました。↓こんな感じ。

 

f:id:lowfat1993:20160524204353p:plain

 

鳩といえばうっとうしい思い出が多い自分ですが、このときは「ああ平和やなあ」て思いました。インドにいたときは鳩の集団がそこら中にいて、油断すると部屋の中に入ってくる。部屋の窓を開けたままちょっとトイレとかに行ってると鳩が「こんちは」状態。追い出そうとしたらどさくさにまぎれてベッドに脱糞してたり。鳩にえさやってるおっさんとかいたら心の中で「なんちゅうことしてくれとんじゃー!!」て思ってます。これ以上鳩を増やさないでくれと。

 

でも昨日の昼は平和的に鳩を観察することができた貴重な時間でした。そして思うことが一つ。「多すぎるからうっとうしいのか」。

 

先日渋谷に行ったときも、電車にも駅にも通りにも人人人でうっとうしい。通りでは人の波に阻まれて進みたい方に進めない。電車の中では「それでも僕はやってない」と叫ばなければならない状況に陥るのを避けるために最大限の警戒をする。なんか隣のおっさんの臭いが気になる。

 

というわけで、鳩も人も多すぎるのは良くないのでは、と思う訳です。パーソナルスペース大事。鳩もあんなにひしめき合ってなければ静かでそんな不潔でもなく、糞で汚れるボンネットやアスファルトが減るでしょうに。うじゃうじゃ鳩がいるのを見てもなんの情緒もわきまへん。そんなことを思ううどん野郎でした。

 

以上

 

 

今日のめし

朝:豆乳、白米、黒ごま、梅干し、みそ汁(豆腐、キャベツ、人参)

 

昼:白米、チーズ野菜炒め(ジャガイモ、タマネギ、人参)、アッサムティー

 

晩:白米、汁物(醤油みりんかつおだしで味付け、豆腐、キャベツ、タマネギ、しめじ)

 

間食:バナナ、どら焼き、ピーナッツ