ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

我慢の意味

おととい買った「空想教室」。読んでて「あ、これいいな」と思うことがたくさんあります。今日はその中で「我慢」について紹介します。

 

我慢とは?google辞書によると;耐え忍ぶこと。こらえること。辛抱。「彼の仕打ちには―がならない」「ここが―のしどころだ」「痛みを―する」。

 

例えば欲しいものがあったとして、欲しいけどその気持ちを抑えるってのも我慢する、ということになるでしょうか。でも、これはなんか消極的な使い方かと思います。「ずっと追いかけていた夢があったけど、現実的に考えて会社で我慢して働く」。これも我慢でしょうか。

 

僕は「空想教室」を読んでいて、我慢というのは自分のしたいことをやっている中で困難や壁が出てきたときに、それをなんとか乗り越えるって意味だ、と思いました。忍耐という言い方もできるでしょう。本来の意味でも、耐え忍ぶこととかってあります。

 

自分が欲しいものを一時的にせよ諦めるのを「我慢する」と言うことがあると思いますが、これはどうなんでしょうか。その結果、自分がしたいことが出来なくなったりしたらどうするのか。

 

我慢強いっていうと、良いことのように聞こえますが、それが「したいことを諦める」とか「欲しいものを諦める」って面があるなら、気をつけないといけないと思いました。

 

まあ、今の社会で生きてくにはお金が必要で、そのために働かないといけないってのはあります。その一方で、自分の夢もある。そんなときは頑張って働くこともしないといけないでしょう。でも、そういう時にも自分の夢を諦めずに我慢して取り組んでいかないと、多分死ぬときに後悔するんでしょう。逆に、いろいろあったけどなんとか乗り越えながら目標を達成したら、かなり充実感があるんじゃいかと思います。

 

我慢はしたいことを成し遂げるためにするもので、それを諦めるためにするものじゃない。そんなことを教わりました。

 

以上