ヨギー(ニートと社会人の狭間)の日々(2017年7月4日現在)

週三で警備バイトをしながらのほほんと生きているヨギーの雑記

バーベキューセットで靴を乾かす

今日、訳あって靴をバーベキューセットで乾かそうと思い立ちました。その靴はここ最近降り続く雨の中、僕の外出をサポートすべくびしょぬれになりました。しかしそんな状態になってもまた明日もこの靴に働いてもらわなければならず、このままではびしょぬれの靴をはいて一日中歩き回るというなんとも惨めさで不快な思いをすることになります。それを避けるために今日中にこの靴を乾かさねば、と思い、どうすればいいか考えました。そして、「よし!バーベキューセットで乾かそう!」というところに行き着きました。

 

「なんでバーベキューセットなんだよ!」と思う方もいるかもしれません。僕自身、今思うとなんでこんなことしようとしたんだろうと不思議でなりません。でも、今日の昼過ぎにはそれが靴を乾かす一番効率がいい方法だと信じていました。

 

靴を乾かすためにまず最初に考えたのは、ドライヤーで乾かす、という方法でした。が、いざドライヤーで乾かしてると、全然乾く気配がありません。ドライヤーをあててる箇所があったかくはなりますが、靴から湿っぽさはなかなか消えません。下手するとこのままあと1〜2時間はこうやってドライヤーをあててないといけないのではないかと予想し、なんという時間の無駄かと思いました。これは他の方法を考えねば、と思い、近場に乾燥機を置いてあるコインランドリーがないか探そうかとも思いました。残念ながらありませんでした。クリーニング屋ならあったんですが。なんか高そう、ということで一旦保留して別の方法を考えました。すると、そういえばこの家バーベキューセットあるじゃん!と思い当たりました。

 

もっとちゃんと調べてみれば靴を乾かす方法は色々あったんですが、バーベキューセットがあることを思い出した僕の頭の中では、薪に向かってぬれた服をかざして乾かしてる、何かのアニメのワンシーンが浮かんで離れなくなってました。バーベキューセットで火をおこして適度な距離に靴を置いておけば、ずっと見てなくてもいいから時間も無駄にならないし、炭はまだあるから金もかからない...ということで、さっそくバーべキューセットを持ち出して火をおこし始めました。が、以外に火がおこらず...趣味のアーマチュア作りで使ってるバーナーで着火剤に火をつけるんですが、炭に燃え移る前に燃え尽きてしまう...自分センスないんかなーとしょげてましたが、しばらくしてやっと火が安定しました。結局それに結構時間を使ってしまうという。火に靴をかざしてみて、いい感じだと思い、あとは乾くまで置いとこうとその場を離れました。

 

そして数十分後、様子を見に行ってみると、なんと!靴が焦げてました。

 

目を離してる間に、火が思わぬ広がり方をしており、その熱が靴まで届いてしまっていたようです。

 

まあ、火を使うときは目を離さないにこした事はないという事ですね。靴を乾かしてやろうとしたのが転じて火あぶりの刑に処してしまいました。幸い、靴の表面のごく一分が焦げただけで、履く分には支障はありませんでした。さらに、一応、靴はそこそこ乾いてました。

 

この、なんというか日常の中で挑む非日常的な挑戦のようなものを通して何か学んだ事があったとすれば、とりあえずやってみるのはいいけど十分注意して事を進めるということ、「この方法でいこう!」と決定するまでに、他の方法をしっかり吟味すること、そして、その結果の反省点と良かった点とを見つけること、です。靴は一分焦げましたが、靴を乾かすという目的はあるていど達成できたし。ただし他にももちょっといい方法があったかなと今は思ってます。このへんどうもネットを使うことへの抵抗感というかめんどくささが残ってるので課題です。まあ、火の広がりにさえ注意してれば、今回の件はほぼ完璧な成功といってよかったでしょう。

 

なにしろバーベキューセットで靴を乾かすなんて初めての挑戦だったので、失敗したところもありましたが、結果そこそこよければまあ大方よしとしておこうと思います。まだしばらく雨が続くようなので、また靴を乾かさないといけない状況に陥るでしょうが、今日の反省を活かしてもっとましなやり方で考えたいと思います。今ではコインランドリーに靴の洗濯機・乾燥機があるそうで、コスパもなかなかいいみたいなので似たような窮状に立たされたときはぜひ調べてみてください。

 

以上