読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

「お前は覇気がない」とバイト先の農家さんに言われて

一昨日、めでたく南大東島でのカボチャ農家住み込みバイトの最終日を終え、昨日飛行機で那覇に到着しました。期間は一ヶ月半でした。

 

最終日の前の日に、送別会ということで夕方から雇い主の農家さんのNさん宅で集まって飯をごちそうになりました。

 

そこで、酒が入って本音をいっちゃうモードになったNさんに言われたことなんですが、「お前は覇気がない」とか「今まで何回も(クビを)切ろうと思った」とか。「覇気はないけど頼まれた仕事はちゃんとやったじゃん」「何の命令違反も常識的に問題になるようなこともしてないのにクビ切れるならやってみろ」とかって思ってましたが、言うとめんどくさいことになるんだろうなーってことはこんな僕でも学習してきたようで、「そうっすかー」って適当に聞き流してました。覇気がないってのは、要するにNさんが気持ちよく飲めるように、酒の席では元気にいろってことみたいでしたが。仕事の時はNさんと一緒にいるってことは殆どないので。酒を飲むとめんどくさいけど、仕事の時はあんまかかわらなくていいので結構自分のペースで作業はできました。そこに関しては良かったです。あんまり仕事が遅すぎると残業ってなるんだと思いますが。

 

さて、酔ったNさんに何遍も「お前は覇気がない」とか「お前はなんかわからん奴やな」とかって言われて正直気持ちよくはなかったんですが、世代が違えば考え方なんて全く違う人間になるみたいだし、Nさんは島の他の人からの評判も芳しくないらしく(酒癖が悪い)、気にするだけ馬鹿を見るってだけだろうということでほっときました。めんどくさい人間を無視することにかけては長年やってたのでちょっと得意になってるようで、さして気になりませんでした。

 

それと、仕事は僕と同い年のバイトと二人で作業してるんですが、だいたい毎日同じ仕事を同じ時間やってて、こなす作業量もそんなにかわらないです。が、明らかに僕よりそのバイトの人の方がNさんからの評価が高い。多分ここでは、酒が飲めるかどうかで(Nさんが気持ちよく飲めるように酒の相手ができるかどうかで)評価が変わるんだなーって勝手に思ってましたが、このNさんというのが「でかい男を気取りたがる」ってとこがあって、僕なんかはそんなのに愛想良くなんてできないんでまあ冷淡に「あーはいはい」って感じで相づちうってたんでなおさらよく思われなかったんでしょう。そのバイトの人は酒も好きだし大人なれもしてるので、ぼくなんかより遥かにうまくNさんに対応してました。まあ最終日にNさんに関して色々愚痴を聞きましたが。

 

南大東島でのかぼちゃ農家のバイト自体はそんなに苦ではありませんでしたが、人によっては仕事時間外での雇い主との付き合いがめんどくさかったりするかもしれません。酒が好きで明るい性格の人なら、楽しく働ける場所だとは思いますが。もちろん、僕みたいな人付き合いの悪い人も他にもいて、そういう人でも仕事さえすればめんどくさいのには関わらないで大丈夫みたいです。

 

年間通して住み込みバイトで回ってる人とかなら、夏は北海道、秋は愛媛とか和歌山とかでみかん農家、冬は沖縄って感じで移り住んでるみたいです。南大東島では農家だとサトウキビ、カボチャしかありませんが、サトウキビ工場があってそこでもバイトが多く働いてます。12時間シフトってことでしたから、夜のシフトになると生活リズム崩すこと必須です。

 

また住み込みバイトでもしない限りこの島にくることはないでしょうが、冬に働く分にはいいんじゃないかと思います。休日になにもないところでも楽しめるものを持ってないと暇すぎて後悔するかもしれませんが。

 

以上