ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

休日にバイト先の農家さんにカレーをごちそうになった話

沖縄の南大東島というところで農業バイトを開始してから四日目が過ぎようとしています。今日は休日で、作業はまだ三日しかしてないんですが、かなり満足度の高いバイト先だと感じてます。農業の作業はやっぱ楽ではないんですが、一緒に働く人(同い年のアルバイト一人と本島出身の雇い主のおっちゃん)ともうまくやってけそうだし気候はいいし、時間に追われて作業をしてるって感じがあまりしません。前にバイトしてたとこと違って個人経営だし、今の時期は出荷がないというのもあるんでしょうけど。

 

今日の午前中はママチャリで島の半分くらいを回ってきました。とにかく海がきれいです。今まで見たことのない青さでした。普通ならそんなきれいな海には人がわさわさ集まってくるんでしょうが、ここの海は人影が一切ありません。今日は海岸で遠目に釣りをしてる人を一人見かけただけでした。まあ砂浜が一切ないんで泳ぐとかは難しいですね。網が張って泳いでも安心なとこもあるみたいです。

 

そんな感じで午前中を過ごして、一旦帰宅して昼飯にしようとしてると、雇い主の農家さん(以後Nさん)から電話が。「ん?今日は休みのはずだけど?」と思いながら、「もしかしてなにか聞き逃してた?」と不安になりながら電話に出ると、「おめえ今日昼飯一緒に食え」と。最初はわけがわからなかったんですが、何回か聞き返して、「あ、今からうちに来て一緒に飯食おうってこと?」とやっと理解できました。

 

どうも、牛肉一キロを調理しようとしたところかなり余ってしまって、色々やったんだけどまだ余っててそれでカレー作ったらとても一人じゃ食べきれない量になったから一緒に食べようぜ、ということでした。正月もバイトの人を呼んで飯を食ってたそうです。こんな感じで皆で飯を食ったりするってのがNさんの気まぐれであるそうで、個人的にはいいことだと思ってます。ついでに庭に植えてるシークワーサーももらったし、Nさんのお母さんからでかいサンドイッチもらったし、この島の人は気前がいいですねー。カレーには島で作ったカボチャも入ってて、おいしかったです。

 

そんなわけで、まあまあ楽しく働いてます。Nさんの家から寮に帰る途中に、この島の小学生からなぜか韓国語で挨拶されたりと、この島の人柄というのがなかなか気にいってます。

 

以上