ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

今月23日より(多分)沖縄にてカボチャ栽培のバイトします

今日の晩飯時、同じ寮にて同居しているミャンマー人が、明らかに何らかの腐臭を放つ何かを鍋で料理していました。甘ったるいような酸っぱいようなその臭いは、以前のバイト先であった乗馬クラブにて馬糞を積み上げて堆肥にしている時の臭いに似ていました。大量の馬の排泄物の山から漂う臭気と大量の小蠅が飛ぶ様を思い出させてくれました。この臭いが開け放った台所のドアを抜けて渡り廊下まで漂ってくるので参ってしまった午後7時でした。

 

ところで、ここでのバイトが今月の20日までであって、延長は絶賛ノーサンキューなんで、次のバイト先をどこにしようかと考えていた最近でしたが、今日新天地が決まりました。沖縄の南大東島という所でカボチャとサトウキビの栽培を手伝います。冬でも気温が15度ほどあるそうで、寒さから逃げたい自分にはちょうど良いところです。本当は東北の方で考えていましたが、最近体が寒さに強い拒絶反応を示しているので、この時期は外すことにしました。とりあえず、温かい島で農業をするということです。

 

南大東島という、南だか東だかわからない島は、沖縄本島から東に400km離れており、電話で話したバイト先の担当者の話では、沖縄から船に乗ってこいとのことでした。沖縄にはまだ行ったことがないので、バイトが始まる前にちょっとだけ観光的なこともしようかと考えてます。というわけで、沖縄で21日か22日暇してる方、相手してくださるとうれしいです。

 

そういえば、念のため今日の作業について書いておきます。今日は午前中は雑草むしりで午後はネギ剥きでした。午前中の作業がつらくてなんか自ら進んで奴隷になった気分でした。昨日雨がふったので畑は水が溜まり沼地のようになっており、それを見て「え、ここ入ってって雑草むしるの?頭おかしいんじゃない?」と思いましたが、社員さんが皆「よーし行くかー」という雰囲気だったので、諦めて長靴をはいてざぶざぶ畑に入っていき、雑草をむしり続けました。雑草は所定の場所に捨てないといけないので、大きめのビニール袋を持っていってそれに雑草を回収していくんですが、雑草の根が泥の固まりをがっちりつかんでしまってかなりの重さになり、引きずるようにしてビニール袋を運ぶことになりました。さらに、途中から雨が降り出し、「もう帰っていいんじゃない?」と期待しましたが誰も何も言わず黙々と作業を続けるので自分も黙って作業を続けました。風も出てきたし寒くてかなわないと思いながらも、働くことの恐ろしさで、そんな中耐えて雑草をむしり続けました。やっと午前中の作業が終って昼休みになったとき、仕事場で弁当を食べようとしましたが指がかじかんで思うように動かず、子供みたいな箸の持ち方で食べていました。日々農業の厳しさを感じる...というか、ほんとにさっさともっと楽にできるようにならないかなーと切に願ってます。

 

以上