ヨギー(ニートと社会人の狭間)の日々(2017年7月4日現在)

週三で警備バイトをしながらのほほんと生きているヨギーの雑記

二度寝して嫌な夢を見た

簡単に言うと、二度寝したせいで今日の朝からかなり沈んだ気持ちになったという話です。

 

まず、多分朝の五時くらいに一回起きました。まだ早いからもちょっと寝よ、というようなことを言葉ではなく電気信号レベルで一瞬のうちに考えて、二度寝しました。そして後味の悪い夢を見ました。

 

夢の内容について。僕はある宿泊施設にいました。多分そこで宿泊したのでしょう。僕の荷物が雑多に置いてあります。ここには何人かの知人と一緒に来てました。すると外で話し声が聞こえてきて、「あ、皆出発するのかな」ということがわかりました。急いで自分の荷物をまとめ始めたら、「え?なんでこんな荷物多いの?」ってくらい荷物が多くて、鞄やスーツケースに突っ込んでもぜんぜん片付かない。なぜか布団一式もあって、どやって持ってかえるんやこれって絶望的な気分になって、みんながもう出発しそうでどうしよう、ってところで目が覚めました。

 

簡単に書きましたが、とにかく焦燥感に狩られる夢でした。置いてかれる!という焦りが強すぎました。毎年旅行に行ってるし、最近は住み込みバイトで働きに行ったりしてるから、時間に追われながら荷物をまとめるってことはよくあります。次の出発は明後日なので、そのことへの無意識の不安が夢に現れたんでしょうか。飛行機とか電車とかに間に合わなかったってことはあまりないんですが、最近は国内で夜行バスのバス停がどこにあるかわからず間に合わなかったという経験があります。これはつらかったです。翌日目的地で予定があったので、なんとかしようとしたら新幹線しかない、けどもう深夜で明日の朝まで待たないといけない、という訳で駅で野宿しました。雨が降ってて風も寒いし、予想外の出費がかさんでしまうし。そんな惨めな一晩のことがこの夢で思い出されました。

 

はい。落ちは特にないんですが。夢は眠りが浅いときに見るそうなので、二度寝したときは夢を見ることも多いんでしょうか。楽しい夢が見れる人ならいいんですが、なぜか高層ビルの隣にある駐車場で車の影に隠れながらビルに陣取る武装集団と銃撃戦を繰り広げたり、出口が見えない薄暗いトンネルの中で長髪をぼさぼさにした女性が出てきたりって夢をみてる僕なんかはもう二度寝なんてしないほうが良いですね。

 

以上