ヨギー(ニートと社会人の狭間)の日々(2017年7月4日現在)

週三で警備バイトをしながらのほほんと生きているヨギーの雑記

捨てられている本・家具を見て

今日川沿いを散歩をしていると、あるアパートのごみ捨て場に本が十冊ほどと机などの家具が捨ててありました。それを目にして、何気なく通り過ぎたんですが、心は「ほ、欲しい...」と素直でした。

 

こういうことは何度かあります。数年前は人通りの少ない通り沿いにあるアパートのごみ捨て場から、あきらかにまだ使えそうな家電製品(トースターと電子レンジ)を持っていったこともあります。それは拾ってから全く問題なく使えたので、なんともったいないことかと今振り返っても思います(調べたところ、ゴミ捨て場に捨ててあるものを勝手に持っていくのは違法でした)。

 

まだ使える家電、家具、書籍、などなど。日本では毎年どれだけこういったものが捨てられているのか。引っ越しやらで荷物をなんとかしないといけないときに置いとく場所も引き取ってくれる人もいない、ということで捨てるしかないんでしょうか。

 

今僕が所属している大学には、いらなくなった家電、家具、本、原付などを無料か廉価でゆずる、というFacebookのグループがあって、これは誰にとってもメリットのある良いことだと思います。できればこういうのをもっと広範囲で出来たらいいんですが。

 

だれかにとっていらなくなったものでも、他の誰かに取ってはあった方が良かったりするのですが、ここのつながりがないと残念ながらすてるしかないみたいです。軽トラとある程度の広さの物置があれば、なんかビジネスになりそうな気が。

 

以上