読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギーニートの日々

自称変人が綴る日記的なブログ

屋外でパンツを干すのは非常識なのか

今日ははれていたので洗濯物を干しました。バイト先の乗馬クラブの建物から放牧場に出るところに洗濯物を干すスペースがあるので、そこに干してました。すると、バイト先の社員さんからこんな注意を受けました。「そこにパンツは干さないで」。なぬ?ここに干せなかったらどこに干せというのか?自分の部屋だと日当り悪いし、というか日の光が入ってこないし、そうするとかなり湿った状態のパンツをはかないといけなくなる。それで風邪でもひいたらどうするのか。と思いつつも、ある程度乾いたらパンツだけ早めに片付けてる自分でした。

 

なんでパンツを屋外で干しては行けないのか。この乗馬クラブでは、お客さんが自分で馬を引いて放牧場に行って馬に乗ったりしてて、そういったお客さんの目に触れるところにスタッフのパンツが干されているとなんか世間の常識として問題でしょ、というのが理由らしい。

 

でも、そんなに目立つ干し方はしてないのに。一応ちょっと気にしてわざわざタオルとTシャツで前後から挟んで見えにくくしてるのに。屋外では他のところに干すとなると、木の枝とかに引っ掛けておくしかないけどそうすると逆に目立つだろうし。

 

そもそも、なんでパンツを人目につく場所に干す事が非常識みたいな評価を受けるのか。小学校の頃から思ってたけど、水泳の時あんなに皆堂々とパンツ一丁同然の格好でいて、そのことは誰も変だと思わないのに、パンツ一丁だと変だということになるのか。夏にビーチとか行ったら皆パンツ一丁と同じような格好で平然としてるらしいけど(夏にビーチなんて行ったことないから実態はしらない)、そんならパンツくらいそこらに干されてたって良いじゃないか、と思う。

 

そんな訳で、屋外でパンツを干してはいけないってのが納得できないので、これからも今のやり方でやっていきます。できるだけ目立たないようにはします。そしてある程度乾いたらパンツだけは早めにしまうようにします。

 

以上