読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

馬小屋日記

ついに今日から馬小屋でのバイトが始まりました。正確には競走馬を飼育している施設での馬の世話とかのバイトです。日給3000円。バイト中は滞在用の個室と一日三食つき。この条件をどう思うかは人それぞれでしょうが、めったに体験できそうにない仕事が地方で出来るってことと生活費がかからないで今住んでいるとこから出て行けるってのが魅力でした。このバイト先は正社員も募集しているそうで、移住を考えてる人とかは利用してみるといいかもです。

 

来てみてわかったんですが、東京から静岡って近いんですね。高速バスで約二時間でつきました。片道1700円弱。そして行きのバスの中で一緒になったご婦人と二時間ずっと話してましたが、世の中いい人もいるんだなーとあらためて感じて楽観主義で生きていこうと思いました。昼過ぎにバイト先に到着して滞在用の個室に案内され、荷物をおろして一息ついてから作業。最初の作業は馬小屋の掃除。

 

馬が一頭ずつ入っている部屋を、馬をそとにだしている間に掃除するというもの。体がでかいので出すものも大量でした。部屋の大きさは僕のアパートの部屋と同じくらいかもしかしたらそれよりでかい。いかに効率よく掃除するかをオーナーの息子さんに教えてもらい、コツをつかんだらあとは単純作業の繰り返し。でもそうやって体を動かす仕事の方が自分にはあってそうだなとかって思いながら淡々と馬のクソをでかいフォークみたいな道具で取り除く。慣れるのに時間がかかって手間取る。午後5時30分ころ作業終了。程よく疲れる。

 

なんと明日からはこの掃除が朝から行われるそうで、午後からはさらに別の仕事。まあでもなんとかなるでしょう。仕事終わりの飯がうまかった。ボリューム満点。この期間は人のお世話にもなるしベジタリアンにこだわってることは出来ないので、一時的にベジタリアン解除してます。馬の仕事するってなると馬に乗れるの?とか期待する人が多いでしょうが、バイトと言えど乗馬は有料だそうです。でもここのボスと仲良くなってなんとかただで乗馬させてもらおうと企んで終わる今日一日です。

 

以上