読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

こんなサラリーマンに出会った

先月の話です。ちょっと友達に会いに遠出したときのこと。あるゲストハウスに宿泊したんですが、ドミトリーの同じ部屋に30代の会社員の方が先客で滞在中でした。ある日宿泊中のお客さんで集まって飲みながら(僕は飲んでませんけど)話してて、その方(以下Aさん)の話も聞きましたが、なんとも典型的な家庭不和のとこでした。

 

なんでも、Aさんの家はそのゲストハウスのすぐ近くなんだそうで、なんでここに滞在してるかっていうと、奥さんに家から追い出されたそうで。子供もいるそうで、奥さんは専業主婦。その奥さんによく「稼ぎが少ない」とプライドを傷つけられていたそうなんですが、ある日ついに「出てけ」と言われたそうです。そんで家を出て駆け込み寺のような感じでゲストハウスに滞在中なんだとか。だからゲストハウスから毎日出勤しているという生活です。しかも帰ってくるのが深夜。残業で稼がないと給料が少ないそうです。

 

「稼ぎが少ない」から残業をして収入を増やそうとする。そうすると家の中で奥さんと話す時間もなくなる。奥さんは相変わらず「給料こんだけ?」みたいなことを言い続けるからたまらないとAさんは言ってました。深夜に帰宅してご飯も用意してなくてそれどころか「洗濯物やっといて」と命じることもあるそうです。奥さんがAさんを追いつめてるのもあるとは思いますが、それでAさんは残業して頑張るから奥さんとしっかり話す時間がない。もう聞いてて悲惨でしかありませんでした。そこの子供が将来人間不信になるんじゃないかと不安です。

 

なにが問題なのかっていうと何もかも問題に思えるんですが、とりあえずコミュニケーションのための時間は取っとけよーて思いました。給料少なくても、生活が出来なくなるほどじゃないでしょう。奥さんが「給料少ない」って愚痴るのはなんか他にいらだつことがあるからだと思います。それに、「そこまで言うならてめえも働けよ」というようなことをなぜ言わないのか、とAさんに聞いてみましたがなんとも要領を得ない返事でうやむやになりました。

 

Aさんはほんとに収入をなんとかしようとしてたと思いますが、残業でどんだけ頑張っても収入の増加分に上限があるってのが悲しいですね。昇級のペースも遅いですし。しかも労働時間が長くなるほどメンタルにくるでしょうから、家庭の問題に余裕を持って対応できてないのかと。

 

奥さんは「給料少ない」とAさんにプレッシャーを与え、Aさんはそれを受けて残業しまくる。でも奥さんは相変わらずの態度。家にいる時間が少ないAさんは奥さんと徹底的に話し合うことが出来ない。問題は解決しない。そんな負のスパイラル状態でした。

 

こんなことがあったせいで、僕の中の「会社員やだなー」メーターがまた一つあがってしまいました。幸い、僕の周りには楽しく働いて生きてる人が多くいるので、そっちの方を参考に人生を考えていこうと思ってます。やっぱ田舎暮らしがいいなーと。

 

以上