読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギーニートの日々

自称変人が綴る日記的なブログ

京都旅行、悔しい最後

先日大阪・京都に遊びに行ってました。一人で夜行バスで大阪に到着して、何日かにわたって現地で友達と会って食べ歩きしたりBBQしたり。そのあたりは良かったです。やっぱ友達は良いですね。でもこの滞在の最後の瞬間にかなりメンタルにくるやつが待ってました。なんと帰りの夜行バスを逃してしまったんですねえ。

 

なにしろお金があんまないので、東京〜大阪・京都間の往復の足は夜行バスでした。行きは3000円、帰りは6000円となっていましたが、この帰りの便の時間に5分遅れて逃してしまうと言う失態をしてしまいました。翌日は東京で外せない用事があったのでなんとかしなければ、という状況でした。結局翌日朝市の新幹線に乗ることにしました。

 

なぜバスに遅れたか。当日は夕方から皆でBBQでもりあがっており、なるべくその場を楽しみたかったのでバスの発車時間にはなんとか間に合うように京都駅までの電車の時間を考えていました。20分前には京都駅に着くように電車に乗ることにして、実際その通りにしました。友人との別れを済ませて電車に乗り、京都駅に予定通りの時間に到着。ここから指定されたバス乗り場を探す訳なんですが、メールで送られてきていたマップはなんかよくわからない。Google mapでバス乗り場を検索しようとしても、なんとその乗り場の住所が書かれていない。京都駅からの道案内もない。目印になる建物もない。焦って誰かに道を聞こうとしても、もう夜の10時近くでインフォセンターみたいなのも閉まってるし。バスのチケットの販売所みたいなのがあったのでそこで聞いてみても「会社が違う」と一蹴。やっと駅の改札の人に道を教えてもらうも、そのバス乗り場は駅の反対側の出口から歩いて結構時間のかかる場所でした。結局時間までに見つけることが出来ませんでした。場所がわかりにくすぎました。東京もわかりにくいですが、せめて案内板はありました。こっちではそれもなかったのでそれが敗因かと。

 

そういうわけで、帰りの夜行バスを逃し、一晩野宿という形になりました。雨も降ってきてそのときの気分を表すかのようで。とりあえず慣れないところで時間の決まっているものについては時間に余裕を持って行動しましょうということです。おかげさまで心も財布も大ダメージです。

 

以上