ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

インド人街があると噂の西葛西に行ってきた

今日は久しぶりに八王子を出て、インド人街があるという西葛西に行ってきました。特に何をするという予定は立てずに行きました。強いて言うなら、西葛西においしいインドカレー屋さんがあるらしいのでそこに行こうという予定だけは立ててました。でもおいしいインドカレー屋ならわざわざ八王子から出ずともいくつかあります。何故に1200円近い電車賃と1時間以上の時間をかけて西葛西まで行くのでしょうか。これはもう理屈じゃないんですよ。そこにインド人街があるから行くんですよ(これが言いたかっただけ)。

 

そんな訳で行ってきました西葛西。乗り継ぎ二回。所要時間1時間25分。電車賃597円×2。

 

大手町から東京メトロ東西線に乗り換え、西葛西駅に向かう電車で、早速インド人発見!父+母+子供一人のインド人一家が電車に乗ってました!これは期待大。西葛西に到着したら駅で電車を待ってる人の大半がインド人なんじゃないかとわくわくしながら電車に揺られること14分。西葛西駅に到着。さすがにそんなことはありませんでした。普通に日本人だらけでした。が、駅のなかにちらほらインド人ファミリーの姿が。なぜかスポーツウェアのインド人男性も歩いてました。

 

そして駅から出て、事前に調べておいた西葛西在住インド人のおすすめインドカレー屋に向かう。時間は13時頃でちょうどお昼時。歩いて10分ほどのところにあるインドカレー屋「ムナル」に到着。来る途中で思い描いていたのは、店に入るとインド人が何人かカレーを食べてて、自分がその近くの席に座り、インド人達にヒンディー語で話しかけて、「お前ヒンディー語話せるのかよーまじかよーナマステ」って盛り上がって仲良くなって一緒にカレー食って「あー来てよかった」ていうやつなんですが、店の横開きのドアを開けると中のお客さんはみんな日本人。妄想ついえたり。店員はみんなインド人と思わせておいてのネパール人(もしかしたらインド人もいたのかも?)。そういえばインドでのランチタイムは午後2時からだっけ?店に入ったのは午後1時すぎ。そのせいなのか?

 

まあこんな感じかーと店内を見渡す。こじんまりした店で客は8人ほどで、皆だれか連れと一緒。「何名様デスカー?」と店員に聞かれ、「一人です」と返す。あ、なるほど、お一人様ってこんな感じなのねって学びました。「ソチラノオ席ニドウゾー」と、女子高生2人組の横の席に案内される。注文は20秒で決まりました。カレー1品+ナン+ライス+ソフトドリンク+サラダのランチセット790円。カレーはほうれん草カレー、ドリンクはマンゴーラッシーにしました。おいしかったです。おいしかったんですが、料理よりも隣の席の女子高生トークに集中が向いていました。

 

幸いなことに、隣の女子高生はインドカレー屋に集って「あいつマジでむかつくんだけどー。こんどやっちゃう?」みたいな話をするような類いの人たちではなく、警戒しながら飯を食うことは避けることが出来ました。どのクラスの誰それが性格が良くてとか周囲の恋愛事情とかが主な内容で、とりあえず誹謗中傷や迫害をにおわす言動はありませんでした。その話を隣で聞いてるおっちゃんは高校における温かい人間関係というものにあまり触れたことがないんやけども、まあなんか楽しそうでなによりですって思いながらほうれん草カレーをナンで掬ってもぐもぐやってました。おいしかったです。おすすめです。

 

昼飯を終え、店を出て、さあどうするかと思いながらとりあえずその辺を散歩することに。歩きながら、自分が高校の頃抱いていた東京に対するイメージはどんなであったか思い出してました。何かの本で「都会は人間の済む場所ではない」という言葉を読み、印象に残っていました。なんか色々ごちゃごちゃして、どこもかしこも人だらけでしかもどいつもこいつも無表情でせかせか歩いて仕事終わりに帰り着くのは狭苦しいアパートの一室で...といったネガティブなイメージばかり膨らんでましたが、新宿とかに関してはこのイメージはある程度あてはまるかなと思いますが、西葛西をぶらぶら歩いてて「穏やかなとこやなー」と感じました。グラウンドがあって小学生だか中学生だかが野球の試合をしてたり、おばちゃんがジョギングしてたりと。そんなのを見ながら道なんて全然しらんのにふらふら歩いてたらなんか西葛西じゃなくて北葛西やったり中葛西やったりしましたが、1時間くらいふらふらして駅に戻り着きました。

 

駅の近くに古着屋があったのでTシャツを2着購入。210円なり。インド滞在中に洗濯機にいれて洗ったらなぜかずたずたになって出てきたので捨ててきたTシャツの補填です。

 

そんな感じで「そろそろ帰るか」と、電車で帰路につく。結果、はるばる西葛西まで来てなにをしたかというと、インドカレーを食べて散歩してTシャツ買っただけでした。インド人街だからインド人がそこらをあるいてるって訳ではないんですね。しかし、なにもしてないような時間が大事だと誰かがどこかで言ってたので、いい休日だったということにしておきます。帰りの電車の車窓から見えた、そびえ立ついくつもの集合住宅の中に、インド人の家族もおるんやろーなーと思いながら。いつかインド関連のイベントがあれば顔をだしてみようと思います。

 

以上