読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

ベジ生活二十七日目 試用期間が終わったらクビにされたって人がいたら

日本の労働慣習に「試用期間」というのがあります。簡単に言うと、労働者の適性を見て使用者がその労働力をどう使っていくか決める、という期間です。が、これを「労働者として使い物になるかどうかを見る期間」と捉える向きもあるようです。そして、いったん採用が決まったのにこの試用期間で会社側が「君思ったほど仕事できないのね」ってことで「はい解雇」とされることがあるそうです。いったん採用してるんですからそんな理由で解雇なんて出来ないんですが。

 

試用期間の間に会社から回された仕事が首尾よくこなせなかったり、ノルマが達成出来なかったり、てことばかりだった新卒社員が、試用期間が終わったら会社からクビを言い渡されたとしたら、なにか「これはしょうがないよな」と一般に納得されるような理由が必要です。作業効率が悪いからってのは理由になりません。一度採用した以上は。

 

どうも、人柄を重視して採用を決める伝統のある日本では、この試用期間を、採用活動の範囲と見ているところがあるようですが、試用期間は採用の後にあるものです。採用の後、と言うことは、解雇などで適用されるのは民法ではなく労働法、つまり労働者に対する使用者(会社)の優位性を考慮して、労使が公平になるようにしなければなりません。もし「こいつ仕事ができないんだもん」なんて理由で社員をクビにできたら、会社側は社員にめちゃくちゃハードな働き方をさせる可能性がありますから。

 

とりあえず、一旦内定もらって入社したら、試用期間てのがあってもその期間でクビがつながるかどうかって心配はしないで大丈夫です(もちろん与えられた仕事にはまじめに取り組む必要があります)。

 

以上

 

 

今日のめし

朝:豆乳、白米、梅干し、黒ごま、みそ汁(豆腐、キャベツ、タマネギ)

 

昼:白米、チーズ野菜炒め(ジャガイモ、タマネギ、人参、キャベツ、ニンニク)、アッサムティー、豆菓子

 

晩:白米、みそ汁(豆腐、キャベツ、わかめ)、麦茶

 

間食:バナナ、ビスケット