読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギー(ニート脱却)の日々(2017年4月30日以降)

「今(2017年4月30日以降)はもはやニートとは言えないほど働いてるけど心はニートの味方です」なヨギーの日記

ベジ生活十二日目 ヨガは食事にも言及する

ベジ生活を始めてから肉、卵およびそれらを使った食品はとらないよう気をつけてますが、もう一つ、食品添加物を使ったものもなるべく買ったり食べたりしないようにしてます。どれが体に悪くてどれなら大丈夫だとかって情報があふれてますが、人類史上、生まれて死ぬまで食品添加物だらけの食品に囲まれてるのって僕らの世代が初めてなんじゃないでしょうか。一生かけてそんなものをとり続けて、どんなことがおこるかなんてわからない。ので、そういったものは今のうちは避けておきます。

 

今日の飯!

朝:豆乳with黒糖、白米with黒ごま

 

昼:白米、みそ汁(ジャガイモ、タマネギ、キャベツ)、緑茶

 

晩:白米、梅干し、みそ汁(豆腐、ネギ、キャベツ、エノキ)、アッサムティー

 

間食:ミックスナッツ

 

 

ヨガはポーズをとるだけではない!というのが今日の話です。例えば食事に関しては、推奨するものと避けるべきものとがあります。ヨガ的には食べ物は三種類に分類され、推奨されるのは野菜、穀物、果物、などのベジ食です。次に、とりすぎると体に悪いもの。魚、肉、卵、コーヒーなど。最後に、デメリットしかないもの。酒、発酵食品、熟しすぎたもの、ジャンクフード、加工されたもの、缶詰やパック詰めの食品、等々。

 

酒や発酵食品が健康に良くないと言うのはどうなのか。酒は適量とってればいいんやない?て突っ込みたくなるし、発酵食品に関しては、納豆とかヨーグルトとか健康にいいイメージしかないけども...ここらへんは宗教的な意味があるのかなと思います。

 

それはまあおいといて、その後のジャンクフードとか加工食品とか缶詰とかパック詰めの食品とか。どういった理由でこれらが最低ランクの食品に分類されたのか知りませんが、食べないにこしたことはないなと個人的に賛成してます。出だしで言ったように、体にどんな影響がでるかわからないので。とりあえず、今まで食べられてきたものであれば食べて大丈夫ということは言えるでしょう。

 

てことで自分の健康のために、食べるものにもちょっと気をつけてみてはどうでしょうか。おわり。