読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギーニートの日々

自称変人が綴る日記的なブログ

昭和の人の働くことへの感覚

先月のバイト先の社長さんから飯の時に聞いた話。昼休みは一時間なんで、僕はいつものんびり食べてたんですが、ある日「俺が若い頃は飯なんて五分で食ってないと親父に怒られた」という話になり、飯を食うのが早いやつは仕事も早い、みたいな感じでやや自慢…

ボラバイトによるノマドライフ

今月の20日から再び住み込みバイトを開始することになりました。寒いのが苦手なので沖縄あたりで農業やろうと思ってましたが、香川県の農家で働くことに。ここを選んだ第一の理由は、野菜を育てる技術がしっかりつきそうだから。あと、地元の高知県にちかい…

旅行のときに忘れ易いもの

今日で大阪での滞在も終わり、東京に戻ります。思えば一ヶ月前、慌ただしい出発でした。出発前日に、「明日朝早いから今晩は寝ないでいよう」と決意したのに、眠気に勝てず深夜三時に「やっぱ寝よう」。「大丈夫だろ、三時間くらい寝て起きれば。大丈夫だ自…

鶴橋駅を出るとそこは韓国人街だった

今日は大学の先輩と会うため、千日前線で鶴橋という駅まで行きました。ここには初めて行くので、どんなとこか知らなかったんですが、駅を出ると一目で韓国人が多いとこなんだな、とわかる町並みでした。韓国料理屋や韓国食材店がずらりと並び、すれ違う人も…

バイト先の感想

昨日、静岡県での一ヶ月の住み込みバイトが終了しました。最初の一週間は「あ。これならいけるな」と余裕こいてましたが、二週間目から「あーだるい」となってきて、最後の方は「あと◯◯日だ、耐えろ」と自分に言い聞かせてました。最終日の作業中は「二度と…

惨めな夜

ついに明日がバイト最終日。ようやく終わりが来た。馬糞掃除の日々に終わりが。 しかし。最終日を明日に控えた今日、仕事終わりにコンビニ(バイト先から徒歩30分)に行って祝いのデザートを勝って帰る途中でなんか惨めな気持ちになる出来事が起きました。 …

日本的な漫画

今日がここでのバイトの最後の休日でした。今日も晩飯は松屋で。北斗の拳を全巻読み終え、大満足の一日でした。そして風呂上がりにfriday night fantasy(大分前に金曜ロードショーのオープニングで流れてた曲)を聞きながらブログを書いてます。良い曲です…

住み込みバイト故の問題:労働時間が何時までかわからない

昨日バイト先でこんな感じのことを言われました。「台所に洗ってない食器あったら一緒に洗っとくとか出来ないの?もっと気を使ってよ」これは僕が昼飯を食べ終わったときのことを言ってるんですが、このバイト先では自分の使った食器は自分で洗うというルー…

寒さと恐怖

今日は静岡県御殿場市は最低気温がマイナス3度を下回るという寒さでした。寒いのが苦手で嫌いな僕にはそれはもうつらい一日でしたが、労働契約の力というのはすごいもので、こんな自分がこの寒さの中ちゃんと働くということをしてました。まあずっと体を動か…

我慢の意味

おととい買った「空想教室」。読んでて「あ、これいいな」と思うことがたくさんあります。今日はその中で「我慢」について紹介します。 我慢とは?google辞書によると;耐え忍ぶこと。こらえること。辛抱。「彼の仕打ちには―がならない」「ここが―のしどころ…

本のコスパ

昨日、週一の休みのほとんどを費やしてブックオフで「北斗の拳」を読んでいました。なんだかんだこれまで全巻読んだことなかったんで。個人的にはシュウがサウザーにやられるとこが一番男泣きするところでした。 そして、三時間ほど立ち読みしててさすがに疲…

松屋で晩飯を食いながら考えてたこと

六日連勤を終えて、やっと休日を迎えました。ほんとに週に一回しかバイト先である乗馬クラブから出ることがない日々です。なんかある意味刑務所みたいな感じです。馬小屋もなんか独房みたいに見えるし。 そして今日も晩飯に松屋を利用。先週と同じく、たっぷ…

犬嫌いについてバイト先の先輩と語る

僕の今のバイト先で、馬小屋の一角を借りて別の乗馬教室を経営している方がいます。馬を扱う仕事は長いことやっているそうで、よく僕も手伝ってもらったりしてます。その方(以下Wさん)と、犬が嫌いな人ってほんとに犬という犬がだめなんだなーみたいな話を…

屋外でパンツを干すのは非常識なのか

今日ははれていたので洗濯物を干しました。バイト先の乗馬クラブの建物から放牧場に出るところに洗濯物を干すスペースがあるので、そこに干してました。すると、バイト先の社員さんからこんな注意を受けました。「そこにパンツは干さないで」。なぬ?ここに…

久石譲の「6番目の駅」を聞きながら

今日も一日が終わります。今日は雨だったので、いつもより作業の量が増え、さらにイレギュラーな仕事が入って大分疲れました。晩飯後にその疲れを湯船で流して、今久石譲の「6番目の駅」を聞いてます。「千と千尋の神隠し」で、千尋がゼニーバの所に電車で行…

ポケモンとかよりバイオハザードの方が面白い理由

持論ですが、ポケモンやFF、ドラクエ(FFとドラクエはやったことないけど)よりも、バイオハザードの方が面白いと考えています。FFとドラクエに関しては、当時の友人がプレイしてるのをずっと見てての評価です。なぜかというのを今日のテーマにしようと思い…

人種と文明の発展度合いに関係はあるのか?

今読んでいる本。「銃・病原菌・鉄」。ちょっと前に書かれた本ですが、何年か前に読んでめちゃ面白かったので、最近ブックオフによったときに買ってしまいました。 この本が扱っている問題は、なぜ今世界にはこんなに文明の発展の度合いが違う国や地域がある…

やっぱほめるって大事

今日はいつもより早めに仕事が終わって「自分も大分仕事なれてきたなー」としみじみ。思えばここで働きだして約二週間。最初のころはどうなることやらと思ってましたが、折り返し地点にきて後半分なんとかやれそうです。 今日はここの社長さんにも「仕事出来…

人生23年、初めて松屋で飯を食う

今日初めて松屋で飯を食べました。たっぷりネギタマ牛並盛。400円。自炊が出来ないという特殊な状況下でのやむない選択肢だったけど、うまかったしコスパいいなと思いました。みそ汁もついてたし。 これまで、牛丼チェーン店で食事をしたことは一回のみで、…

「日給三千円+個室つき+一日三食つき」は妥当なのか考えてみた

今日は今の自分の待遇が妥当なのか考えてみました。 現在の乗馬クラブでのバイトの報酬は、日給三千円。住み込みでの仕事なので、個室が用意されてます。また、毎日三食(週一の休みの日には自分で調達)がつきます。この待遇に自分は満足しているだろうか。…

馬の仕事をしながら牛の仕事をするインド人の家族を思う

結構前のはなしですが、あるドキュメンタリー番組で、インドのバラナシで代々牛乳屋を営む家族を取材してました。家族で牛を飼っていて、牛乳を売るだけではなく牛の糞を使って家の壁を作ったりってこともしてました。その家族の子供(10歳くらい?)は牛乳…

完全無口時代

僕がまだ高校生の時だったと思う。こんなことがあった。ある冬の日、実家のダイニングで皆で夕食を食べていた。まあ例のごとく親以外は誰も話さないでもくもくと食べてました。で、冬なんでストーブが置いてあるんですが、これが自分の席からテーブルを挟ん…

今ある仕事が機械に取られたときにどうするか考えながら馬のクソを拾っていた今日

今日も今日とて馬糞の掃除から始まる一日。ここで働き始めて十日目。仕事の要領はわかったが、単調な作業が続く。正直飽きてきた。今日は重いものを運ぶためのリフトを運転してこれはすごく楽しかったが、午前中はこの馬糞拾いで費やす毎日。この作業をして…

新興宗教にありがちなトリック

新興宗教というのを仕事として飯を食っていた、という人を取材したルポライターの書いた本を読んでました。それがどの新興宗教かはわかりませんが。ところで、新興宗教とは、世界宗教であるキリスト教・イスラム教・ユダヤ教・ヒンドゥ教・仏教(日本では天…

疑うことと否定することは違う

テレビのニュースでやってましたが、アメリカ大統領選、トランプが勝ったそうですね。異性のいい発言を繰り返してましたが、実際に政治を動かしていく中でどれくらい実行できるか、ちょっと楽しみにしてます。個人的にはTPPに関しては中止にしてくれたらあり…

馬なんて

今日も朝から馬小屋掃除で始まる一日でした。馬ってのは毎日毎日とんでもない量のものを出すので、掃除が一日の作業の大半といっていいくらいです。さらに、取り除いた馬糞は馬小屋の裏にあるエリアで堆肥にするために集めておきます。これが臭い。11月の寒…

創価学会の人も色々いるんだと思います

昨日書いたやつの続き的な感じで今日は書いていきます。まあそういう訳で創価大学に進学ってことになりました。で、最初は予想した以上に学生寮の創価学会感がすごかった(具体的には;仏間という主に勤行を行うための部屋がある、毎朝定時に勤行会を行って…

創価学会員である自分のこれまでを振り返る

昨日バイト先からの最寄り駅に寄って時間があったのでちょっとぶらぶらしてたらブックオフを見つけたのでそこで立ち読みしたりして時間をつぶしてました。すると、ふと目にとまった本が。タイトルは忘れましたが、創価学会の実態とはどんなものなのか、とい…

「キツい仕事」とは何か

よくわからない日本語の一つ、「きつい」。思えば、自分がとりあえず短期で働いてみようと思った理由の一つは、「キツい仕事」ってのがどんなものなのか実感してみようと思ったからでした。こういうのの基準は人それぞれだと思いますが、自分にとってのキツ…

肉体労働者の食事メニューに体が何かよからぬサインを発している最近

ここで働き始めてから食う量が激増して、今日は下腹に鈍い違和感を感じてます。5日前まではベジタリアンで食事の量もささやかなものでしたが、何しろ一日中動き回ってるんで食わないと体力持たないんだろうなーとは思ってます。にしても、多分前までの1.5倍…

力仕事の後の風呂は思わず「あー♨︎」って声が出てしまうくらい気持ちいい

今日は朝5時起き。久しぶりにこの時間帯に起きる。これからは早寝早起きでやってくことになるでしょう。この時間に起きればめしがゆっくり食える(といってもトーストなんですが)し。これは今日実感したことですが、働き始めて一日の何時から何時まで拘束さ…

馬小屋日記2

今日の始まりから終わりまで; 6:20 起床 7:00 馬への餌やり 7:45 朝食 8:00 作業開始 12:00 昼食 13:00 作業再開 18:30 作業終了、晩飯 20:00 風呂 21:00 今 この調子で働いてたらほんとにこの乗馬教室から出ることなく一日を終えてしまう!週一の休日をど…

馬小屋日記

ついに今日から馬小屋でのバイトが始まりました。正確には競走馬を飼育している施設での馬の世話とかのバイトです。日給3000円。バイト中は滞在用の個室と一日三食つき。この条件をどう思うかは人それぞれでしょうが、めったに体験できそうにない仕事が地方…

現在上映中のインド映画「PK」が超面白い!

今日久しぶりに映画を見に行きました。映画館で見るのなんて2年ぶりです。今回見たのは「PK」というインドの監督による映画。約2時間30分の作品で、途中休憩が入るのが常のインド映画にしてはやや短めです。かなり若者的な思考の映画だと感じました。良い意…

こんなサラリーマンに出会った

先月の話です。ちょっと友達に会いに遠出したときのこと。あるゲストハウスに宿泊したんですが、ドミトリーの同じ部屋に30代の会社員の方が先客で滞在中でした。ある日宿泊中のお客さんで集まって飲みながら(僕は飲んでませんけど)話してて、その方(以下A…

フクロウカフェに行ってきた

本題は新宿にあるフクロウカフェなるものに行ってきたって話なんですが、今日は他にもいろいろありました。まず、地域仕掛人市というイベントに参加してきました。田舎で仕事をしている人たちと楽しく話しながら、何をして生きていくかを考える&とりあえず働…

表現方法としてのブログ

ブログを書いてsnsでシェアする。そういうことしていて考えること。「この行為にどういう意味があるのか」。これについて、人と直接面と向かう時には話すとこまでもっていけないようなことを伝えることができる、というのがあるなーと思ってるのでそれについ…

ああ、カマキリが死んでいる

最近はカマキリを良く見かける季節です。カマキリが食用になってたら今頃の旬の食材にカマキリがあがってたことでしょう。そんなカマキリが残念なことに道路でぺしゃんこになってるのをよく見かけます。いや別に「もう食べれない、もったいない」とか思って…

ヨガとはつまるところ何なのか

ヨガを教えていて思うこと。ヨガとは何なのか。一言で言えるほどまとまった答えは自分の中で今の所ないが、多分こんな感じでしょうというのを書いていきます。 ヨガの歴史は5000年とか10000年とか言われてます。とりあえず大分前から誰かがヨガってるという…

身近で鬱病の人間が出たときに

数年前の話。僕の兄が東京で就職して一年で鬱病になって実家に戻ってきてそのまま二年ほどぐうたらしてました。その間に僕が感じてたことを、だれかが同じような状態に置かれた時のために書いてみようと思います。 うちの兄はもともと人付き合いがある人間で…

根拠のない自信の持ち方

最近は自分をほめることを意識して生活してます。「今日は朝早く起きれたぜい!すごくね?」とか「今日の晩飯に作ったみそ汁がまじでうまい!さすがだなー」とか。もちろん心のなかで。こんな感じで、些細な事で良いから心の中で自分をばかみたいにほめてい…

一ヶ月馬小屋のバイトに出かけます

11月から一ヶ月、馬小屋のバイトをすることにしました。静岡県にて。住み込みです。 サンカネットワークのボラバイトというやつで募集してるのを見つけて応募して、電話面接を通して受け入れ決定となりました。まあ電話面接とはいいつつ、話す前から受け入れ…

京都旅行、悔しい最後

先日大阪・京都に遊びに行ってました。一人で夜行バスで大阪に到着して、何日かにわたって現地で友達と会って食べ歩きしたりBBQしたり。そのあたりは良かったです。やっぱ友達は良いですね。でもこの滞在の最後の瞬間にかなりメンタルにくるやつが待ってまし…

親について

親について、特に親が退職したり介護が必要になったりしたときのとこについて。大学卒業後の進路を考える時期を迎えて考えたこと。 僕はできれば親の面倒なんてみたくないです。そんなの一切気にせず、好きなとこで好きなように働いて生きていきたいです。今…

嫌いになるのに理由がいらない人間

僕は理由もなく嫌いになる人がいます。 でも誰かを嫌いになるってこんなもんじゃないかと思います。 自分はなんでムカデやゴキブリが嫌いなのか。そんなの論理的な理由はなくて、全部感情的なものでしょう。足が多い、くねくねして気持ち悪い、色がグロい、…

日本の道路が狭くてもう...

先日友人の引っ越しの手伝いをしたという話を書きましたが、その最中、車で荷物を新居へ運んでいる時に思ったことです。日本はなんでこんなせまい道路ばっかなの? こんなことを思ったのは今回だけではありません。思えば僕が自転車に乗るようになってからず…

もう新聞とらなくてもいいかなーと思っている今日このごろ

現在、朝日新聞と日経新聞をとってます。両紙あわせて月2500円。他の業者にきいたらほんとはやっちゃいけない値段らしいんですが、新聞売り込みのノルマのキツさを表しているように思います。供給が需要より大きいために財の値段が下がる、という経済学的に…

タクシーを使って引っ越しをした話

昨日、友人が引っ越しをするというので、その手伝いをしにいきました。隣町に引っ越すということで、友人がレンタカーを借りて5往復くらいして荷物を全部運びました。天気予報では降水確率90%だったんですが、幸い荷物を全部運び終わるまでは降りませんでし…

「髪は水洗いだけで大丈夫」を実証する(半月経過)

半月くらい前からシャンプーとリンスを使わない生活を送ってます。そのきっかけは「いつの間にか自分の中で常識になっていたけどほんとはなくてもいいんじゃね?むしろない方がいいんじゃね?」ってものを自分の生活から排除して、よりシンプルで良質な生活…

自分で自分のコップを粉砕した話

自分で書いておきながら、なんとも奇妙なタイトルです。今日、自分で自分のコップを粉砕しました。言葉の通りです。どういう訳でそうなったのかについて書いていきます。 まず、今僕は大学の同期2人とルームシェアをしています。本来は2人用のアパートの部屋…